2017-06-20

子羊のひざ肉 (souris d'agneau) レシピ -198

今日は義母さんに教えてもらった子羊のひざ肉(souris d'agneau /スリ・ダニョー)の煮込みを作ってみました。

肉の部位の名前のフランス語、全然覚えきれていませんが、↓こちら図解になります。Gigotが子羊のもも肉、Gigot raccourciが「もも肉を短くした部分」、という意味で、Sourisが一番短く切られた部分(こちらのサイト参照)だそうです。へぇ〜。





図は la table des enfantsという子供向けお料理サイトからお借りて編集しました(←フランス料理と食材の勉強に◎なサイトです)。 自分へのメモを兼ねた義母レシピです♪

材料 : 子羊ひざ肉 (Souris d'agneau) 
     グリーンオニオン(新玉ねぎでも)
     完熟トマト
     ニンニク
     乾燥ハーブ(タイム、ローリエ、ローズマリーなど、お好み)
     オリーブオイル
     塩
    こしょう
    ( その他お好みで、野菜コンソメキューブ、はちみつ、などもあり)

手順 :
子羊ひざ肉。今日のお肉、とても綺麗。いい色😍

オリーブオイルをひいて、もも肉上部につながる部分を下にして中火で焼きます。
(オーブンにも入れられる大鍋で)

こんな感じで焦げ目がついたらひっくり返して他の面を焼きます。

なんとなく全面に焼き色がついてきたら、タイムとローリエ(好きなハーブでOK)を入れる。
その後、少し蓋を開けた状態で1時間半くらい、肉の焼き面を変えながら、弱火でしつこく焼きます。

肉汁が出てくるので、煮詰めすぎて焦げ付かないように、肉を焼き面を変える時に水分が少なすぎるようであれば、少し水を入れます。一回につき↑このくらい。

今日のお野菜たちをざく切りします。夏は野菜がホント力強くてきれい。
パプリカは皮をむき、トマトは完熟しているものを使います。

グリーンオニオン(新玉ねぎ)を炒め、次にパプリカを炒め、さらにニンニクを潰してみじんにしたものを炒めます。しっかり炒めたら、

肉を一度取り出して

野菜を敷き詰め

その上から肉を入れる。ここで胡椒をふりました。

トマトを湯むきして、トマトソースを作る。タネが多いトマトだったのでこしましたが、タネが気にならなければ皮をむいたトマトを細かく切ってオリーブオイルで炒めて水分飛ばしてもよし。義母曰く、トマトのタネが多いとスープは酸っぱくなる、とのこと。

水分が飛んでトマトが凝縮されてきました。

肉を入れた後にトマトソース入れて混ぜましたが、野菜入れた後にソース入れて一混ぜしてから肉入れたらもっと効率良かった。。😅 混ざるからヨシとします。

あとは130度でオーブンに入れて3〜4時間。たまに中を見て、汁の中につかっていない部分に汁をかけてあげます。時間はあまり気にしなくていいそうです。
1時間くらいして、塩を少々入れました。味付けはお好みで、コンソメキューブ、はちみつ、などもありだそうです。


4時間後。出来上がり〜!

盛り付けていただきます!

弱火で加熱していたので、お肉がほろほろで柔らかい!骨から肉がすっと抜けます。

骨、大きいっす!

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...