2017-05-16

犬の生理対策 -195

先月から飼い始めた9ヶ月になる犬、カリンに女性にくる月のモノが初めてきました。9ヶ月で子供から一気に女の子に昇格!早い〜😲

出血が多くてよく舐めているのですが、追いつかず。あちこちにこぼすので、赤ちゃん用ボディを着せて、 人間用の生理用品をあててみました。


血が気になるようで、頻繁にきれいにしています。生理用品が邪魔でごめん。


犬の生理は毎月ではないそうですが、その時期は発情期なんですねぇ(無知なワタシ)。カリンのお姉さんリリーは先月に生理があり、盛りをついたような声をよく出していました。うちは犬は放し飼いで敷地の中を好きに動いていますが、その間は家の外に近い場所に近づけないように監視体制。

声を聞きつけたオス犬が門越し、柵越しにでもやろうと😳狙ってくるので気をつけないといけないのです。うちだけでなく、近所の犬たちもほぼ放し飼いなので、普段は敷地内にいても脱走することもあるし、野良犬もいるだろうし、妊娠する可能性はいっぱい。

そういえば、柵越しにやっているのを見て慌てて駆けつけたけど、ちょっと遅くて妊娠しちゃったのよ!と怒っていた近所の人がいました。

カリンはまだ生理始まったばかりでものすごく盛った感じはないのですが、オスみたら発情するんでしょうねぇ。。

アパート住まいの人で雌犬をかっている人にどうしているのか聞いてみたら、赤ちゃん用のオムツが使えるよーとのことでした。ウェスト部分をガムテープで固定するそうです←それもアリかぁ😅

女性用生理用品と赤ちゃん用オムツ、犬の出血対策としてはどっちもどっち。。?

そろそろ二人の避妊手術も考えないとです。人間の都合で出産の機会を奪ってしまうことに罪悪感を感じつつもしょうがないんですよねぇ。ホントごめん。



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ














0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...