2017-04-23

キャンピングカーで行く☆ラングドックとヌーベル=アキテーヌ (1) カルカソンヌ(Carcassonne) -189

子供達の春休みを利用してラングドック地方を通り、ボルドー方向、正確にはヌーベル=アキテーヌ地域県に行ってきました。私も子供たちも初のキャンピングカーでの旅行にワクワク。休みに入ってから決めた旅行だったので、決めた日から"もういくつ寝るとキャンピングカ〜"(こいのぼりの歌っぽく)とゆびおり数えていました。

キャンピングカーは希望したものはすでになく、借りれたのは4~6人用の大きなサイズ。高さ3,2m 長さ7,2mと大きなトラックみたいでテンション上がります。でも私はこんなサイズの運転は自信がないので、保険には私の名前もありますが、結局夫が全部一人で運転です。甲斐性のない妻でゴメン、夫。


絶対汚すので椅子はカバー必須。

初日はコートダジュールの村から西を目指し、ラングドック-ルシヨン地域圏にある要塞都市カルカソンヌ(Cité de Carcassonne)を訪れ、トゥールーズの先でキャンピングカー専用の停泊地で電気と水の補給&使った水を捨てれる場所を適当に探す、というプラン。

ちなみにフランス語では、

  • 上記のような簡易なキャンピングカー用の停泊地をL'aire de service / de stationnement
  • キャンピングカーをとめるスペースの他に、レストラン、売店、ロッジ、共同の水場、などキャンパー用の施設が整っているところをCamping
  • キャンピングカーで旅する人たちをCamping-caristes

ということを学びました。


我が家から約300km西にある古代ローマ時代に建設された、中世を象徴する城塞都市カルカソンヌ。私の住むカストレ(Le Castellet)にも中世の都市の街並みを残した地域があるのですが、規模も迫力も違いました。さすがユネスコの世界遺産に登録されているだけあります!

入り口

さすが要塞都市、街中には騎士グッズの販売店多し。

お菓子がうっているお店も騎士がお出迎え

ちびっ子騎士も店先でお出迎え

都市の一番奥に城塞があります。街を歩くぶんには無料ですがこの城内見学は有料。

日本語のパンフレットあり、45分のガイド付き見学あり、と日本語健闘してました。

橋を渡って城跡内へ

城塞都市の模型

城の上、監視塔からみえる風景

街並み

城から見た入り口風景

首だけのこっている遺跡

この日は城壁に登れなかったので、城を出て町散策に出かけました。
城下町には聖堂があり

やや城塞から離れたところに拳闘場もありました。訪れた日はコンバットの大会をやっていたので見学。五対五の団体戦で、一対一でやるのかとおもいきや、試合開始の合図があると一対二か三でひとりが抑えてもう一人が攻撃して相手を倒すような総合で勝ちを目指すスタイルの闘いでした。

ここでなぜかアツくなった我が家の小さい男子2名。宿敵おばけをやっつけるためシャバリエ(騎士)になる!と散々おねだりされてヘルメット、剣、盾、胸部を隠す鎧の騎士セット買いました。寝る前に読む本として城塞Q&Aという絵本も購入。どうやって騎士になるの?どこでトイレをするの?普段はどんな洋服をきてるの?城塞内に動物は沢山いるの?、など私にも興味深い話しが載っています。


長男が幼稚園で中世の勉強をして騎士について多少知っていたので、実物をみたり、城塞の跡にふれたりしてさらに知識がモノになった様子。次男に絵本を使って教えてあげたりしているところに長男の成長をみます。旅行中は毎晩この本を読んでいました。

車内では毎日騎士たちが大騒ぎ。

カルカソンヌを見た後は、予定通りトゥールーズの先の町でキャンプカー専用停泊地を見つけ、一泊。翌日は、大西洋を目指します。(続く)



2017-04-13

反抗期児童X2の憂鬱 -188

長男4歳8ヶ月、次男2歳6ヶ月。最近、反抗期の男子2名に複雑な気持ちのママとなっています。

子供には日本の慣習で接するようにしていますが、挨拶のビズ(ほっぺにキス)だけはヨーロッパ習慣。ある日、長男が学校の駐車場で「ママ、ビズは今、外でして。学校の中でしないで。」と強い口調で言ってきました。長男は今までのところママ大好き!と毎日抱きついてくるママ好きな子。いつもと変わらない朝だったのに、学校の駐車場でそんなこと言われるなんて思ったこともなかった私は

😱🙀なにぃぃ、それぇぇ!😱🙀

と大ショック。とりあえず動揺は隠して、「いいけどなんで?」、と言ってほっぺにビズしたのですが、答えはナシ。学校まで一緒に歩いていき、学童の担当の人に引き渡すと、長男はバイバイと手を振ることもなく、振り返ることもなくスタスタと歩いて行ってしまいました。担当の人が、「おーい、ママにビズしないの?」と言っても無視。ママは(心の中で)大泣き😭。

お迎えの時に、普通ならビズするのですがもちろんナシ。車の中に座ってから、「なんでママとビズしたくないの?ママのこと嫌いになった?」と聞くと、「ママは大好きだけど、先生の前でビズは嫌なの」とのこと。「なんで?」と聞いても「先生に見られるのは嫌」の一点張り。長男の態度の変化に複雑な気持ちになっています。

そして次男。彼はオムツ外しトレーニング最中。日中はうんち以外は失敗が少なくなり、夜はオムツをしているのですが、朝にオムツが乾いていることが増えてきたので夜もオムツ取ってみようかな?と思っていた矢先のある日。いつもなら朝起きて一緒に行くのに、トイレに行かない、と始まり、トイレはイヤしか言わない男になってしまいました。😭

以来、トイレでの失敗増。保育園でも失敗はほぼなかったのに失敗が増え気味、家では失敗の方が圧倒的に多くなってきてしまいました。近い将来オムツが取れるかも!という夢は一気に遠ざかっております。9月に幼稚園入園ですが、条件はオムツが取れていることなのに、ここで逆戻りしてどーする。😩

さらに「保育園に行かない!」と反乱を起こすことが増え、あまりに嫌がる朝は保育園欠席させる日も出てきました。次男の反抗期は長男の時よりひどいので、イライラすることも多いです。

保育園は大好きで行けば楽しく遊んでいるだけに、強引に連れて行ってもいいのですが、無理にやらせるのは昨今の教育方法に反するのでしないようにしています。でも大丈夫なのか、、次男。

二人とも遊んでる時は素直にカワイイのに、突然のママ離れやひどい反抗期がやや憂鬱。明日は長男が普通にビズしてもいいよって言ってくれますように、次男のオムツが近いうち外れる方向に戻りますように、保育園ボイコット運動治りますように、と夕焼けにつぶやいています。


写真は中世都市の残るル・カステレ(Le Castellet)の夕暮れ風景。
ゆっくりお酒でも飲みながら楽しみたい風景ですが、次男の汚れた服の洗濯に追われて洗濯物干しながら見てます。




2017-04-07

また増えた新しい家族 -187

12月にジャック・ラッセル・テリアのメスを引き取ってきたのですが、その双子の妹も最近我が家の一員となりました。この子も里親募集中だったのですが引き取り手がなく、飼い主のお家も引越し先に庭がないので飼えなくなってしまうとのことで、我が家に来ることになったのです。


さすが双子の姉妹、よく似ています。↑の首輪をつけている上に乗っている犬が先に来たリリー、下にいるのが最近到着のカリン。遠目だとよくわかりません。

他にも犬が二匹いるので、最初の探り合いと上下関係のけじめで今はよく唸りあいしていますが、良好な関係を築いていくのかしら。


姉のリリーは我が家に来て早々逃亡してかなりやせ細ったのに、最近はよく食べるせいか貫禄がついて、カリンより一回り大きいです。カリンはほっそりしていて、(今のところ)控えめで可憐。。名前にあった雰囲気でかわいい😍 


これで我が家は犬が4匹、大人4人、子供2人の大所帯。犬の世話は基本義両親がしていて、彼らは一度に6匹飼っていたこともあったし、旅行に出かけるから、などの理由で犬の世話を頼まれたりすることもしばしばあるので、4匹くらいは慣れたもの。私はほぼ犬の世話をしていないのですが、犬は子供とは違うかわいさがあって和みます。従順で素直でいいわー。見習ってほしい、反抗期絶好調の二歳児次男!

子供たちはリリーとカリンの見分けがまだうまくつかない様子。次男は"二個ともおなじ〜"(←惜しい、二匹!)とニコニコしています。長男と次男みたいに仲良く遊んでいるよね、と長男に言ったら照れてました。なんで照れるの?(笑)


二匹の姉妹と二人の兄弟。これからどう育っていくんでしょう、仲良くね。


週末の朝は子供たちと3人でお菓子を作る機会が増えてきました。最近は次男も参加。長男は幼稚園で調理実習の機会が度々あるせいか、材料をはかる、生地を混ぜる、バターを切る、などお手伝い能力が向上中。次男が長男と同じようにやりたがるのですが、まだまだ難しいことが多いです。小さなナイフで柔らかいバターを切る練習をさせたら喜んでました。焼く前の生地を食べようとする手(←夫、義父、子供2)が増えているので、母さんそれをブロックするのが大変!






Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...