2017-03-31

2016年 ゴンクール賞受賞小説 Chanson Douce-186

フランスの権威ある文学賞の一つにゴンクール賞(Prix Goncour)、というものがあることを知りました。文学好きの友人曰く、面白い作品が選ばれていて外すことが少ないとのことだったので、最新2016年の受賞作 Chanson Douce (シャンソン・ドゥース。直訳すると"優しい歌")を読んでみました。

モロッコ生まれのモロッコー仏人のジャーナリスト・作家のレイラ・スリマニさん(Leïla Slimani)が書いた作品です。130年の歴史があるゴンクール賞の中で、12人目の女性受賞者だそうです。何気にマッチョな賞なのかしら?全然知らなかったのでどんな人なのかググって見たのですが、笑顔の素敵な美人ですね。

(Photo : Dailymail の記事から拝借)

物語は、二人の小さな子供がベビーシッターの手によって殺されてしまったところから始まります。まだ赤ちゃんである男の子は即死。少し年上の女の子はもうすぐ息が絶える状態。続く部分は最後のドラマチックな展開へとどうつながっていくのか、が描かれています。

物語の主人公は、小さな子供を二人もつ夫婦、ミリアムとポール(多分30代前半)とそのベビーシッター、ルイーズ。3人の描写がよくできているのですが、ルイーズのミステリアスな感じがなんとも言えません。甘くて優しい性格で、子供の世話の他に食事の支度や家事、パーティーの準備や料理まで率先してやってくれるような完璧なシッター。家庭になくてはならない存在となっていくわけですが、、、。パリを舞台にしたフランス現代社会における社会的階層と文化への偏見、そんなものが垣間見えてくる作品でした。

ちょうどうちの子供たちの年齢より少し小さいくらいの(1歳と3歳くらいかな?)、幼い子供を持つ母親独特の暗い面にも共感しました。ミリアムのように弁護士ではなかったけど、働くママをしていた時もあったので、彼女の心情もよく伝わってきました。

権威ある賞を獲った文学作品なんて読めるかな?と思って読み始めてみました。辞書のお世話にもちろんなりましたが、現代の話で文章自体も平易なので、辞書を引かなくてもけっこう読めてしまいます。最後の結末があらかじめわかっているのに、先が気になって読み進めさせられてしまう力強さがあります。心理的に徐々にひたひたと迫ってくるので、想像が頭から離れなくなってこわいです〜😱

ゴンクール賞の作品は邦訳されたりされていなかったりしているようですが、これは邦訳される作品なのでは。。と思いました。

この作品、映画化が決まっていてマイウェン(Maïwenn)という女優・映画監督・脚本家の女性が監督として指揮をとるそうです。キャスティングなどはまだ未定のようですが、どんな映画になるのかこちらも期待してしまいます。↓が彼女の写真。こちらはミステリアスな感じの美人ですね〜。




0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...