2015-11-29

フランス語学習用 初めての仏仏辞典 Larouse Junior Poche -149

以前に外国語を勉強する時の辞書について思うことを書いたことがありました(辞書はバイリンガル?モノリンガル?75)。当時バルセロナでドイツ語を勉強していたのですが、あれから4年、今はドイツ語の勉強は全くできなくて休業中ならぬ休勉中ですが、そのとき買った学習用独独辞典Langenscheidt Taschenwoerterbuch Deutsch als Fremdsprache: Einsprachig Deutsch、読み物としてもなかなか面白いので、今でもたまに開いています。

独独のモノリンガル辞書の使用で何か変わったか?というと、結局しっかり勉強に使ったのは半年程度という短めの時間だったせいか(妊娠、出産とあって挫折)、すごく伸びがあった!という感覚は得られませんでした。理解に時間がかかることもありますが、その外国語で意味を理解する、類義語を増やすことにもつながる、わからない単語の類推訓練にもなる、と良い点は実感したので、もう少し継続できていたら伸びを感じられたかも、と思っています。

今はその辞書はたまーに見る程度なので上達は望めないのですが、なけなしのドイツ語感を保つには少し役立っているのかな?ドイツ語とフランス語の平行学習なんて器用なことできないので今はこの辞書は使えていませんが、いずれまたしっかり使うぞ。。

さて、今通う学校のフランス語の先生。すぐに簡単な仏仏辞典の使用を勧めてきました。子供用のJunior、8−11歳向けあたりの辞書が説明が簡単完結、各ページにどのアルファベットのページにいるのかすぐわかるようABCのマーキングもあって言葉を探しやすいし、ポケットサイズもよくできているのでオススメとのこと。

アマゾン・フランスの評価を見てみたところ、学生用お手軽価格の辞書売り上げではLarousse Juniorがナンバー1だそう。他にもLe Robert, Hachetteという出版社からJuniorシリーズのポケットサイズがでているのですが、どこも評価はだいたい同じ。

私はLarouseの西仏−仏西辞典を持っているのですが、これが気に入っているのと、多少の違いですが一番字が大きかったという理由でLarousse junior poche を買ってみました。収録語数が20000語と他社のに比べると少ないのですが(Le Robert Junior Poche French Dictionary: Key Stage 2 30000語, Hachette Junior Poche 25000語)、実際にいくつか単語をひいて比べてみても説明に大きな差はなかったのでヨシとしました。

サイズは洋書のペーパーバックの大きさと同じで厚さ4,5cm。紙がしっかりしてます。


哺乳類、鳥類、魚、交通標識など百科事典的なページが32ページあり、動詞の活用表が80種類ついています。

なんとなく思いついてひいてみた哲学にあたる"Philosophie"、説明はこんなかんじ。


1. 存在物、価値感、宇宙の中の人間の立場を熟考すること(例文: 倫理、公正
、自由、が哲学の大きな問いだ)
2. 難しい局面でも楽観できること(例文: 失敗を冷静に受け入れる)

2の意味は知らなかったのですが、改めて悟ったようなかおりがする言葉なのねぇ、と偶然勉強になりました。

abeille (ミツバチ)はこんな説明でした:
Insecte volant que l'on élève dans une ruche et qui produit du miel et de la cire.
-> Vois aussi apiculture, essaim 
ミツバチの巣(箱)で育つ飛ぶ虫で、はちみつと蜜ろうをつくる。
→養蜂家、分封群(←日本語知らなかった。。ミツバチの群れのこと)も参照
*Dans une ruche vivent des abeilles ouvrières qui butinent les fleurs et font le miel, des faux bourdons et une reine qui pond des œufs.
*巣の中には、花の蜜を集めてはちみつを作る働きバチ、雄バチ、卵を産む女王バチが住む。
説明は簡単なのですが、わからない言葉がそれなりにあって(ruche巣, cire蜜ろう, butinent花の蜜を集める3人称複数形, faux boudons雄蜂)、ズバリ何とわかるまでが大変ですが、小学生くらいの子供は知っているボキャブラリーなのよね、、と焦ります。子供は数年後には小学生。宿題のお手伝いができるようになれるだろうか。。。!

ま、この手の虫、花、動物などの名前を調べるなら、バイリンガルの辞書をひくのが理解が圧倒的に早いですね。

説明が簡潔すぎて類義語の微妙な違いを知りたい場合には物足りないこともありますが、携帯にはいいかな、と思います。7〜11歳の子供向けなので載っていない言葉も出てくるのだろうけど、そこはネットの辞典調べてもいいしね。。

外国人学習者向けの仏仏辞典 Dictionnaire Le Robert & Cle Internationalも気になっていたのですが、紙の辞書はやや出版年数が古く、今出ている一番新しい2013年の仏仏辞典はなぜか電子版しかないみたいなので紙の仏仏辞典が欲しい今回は保留にしました。(日本語版は ロベール・クレ仏和辞典。とても良さそうです、評判記事こちら。 )

辞書の中身を比べながら探せるような学習書が充実している本屋さんも先生にオススメしてもらいました。シャルルマーニュという本屋さんです。トゥーロンのお店に行ってみたのですが、幼稚園〜高校、バカロレアを受ける学齢までの学習参考書、外国人学習用フランス語教材大きくコーナーをとって沢山置いてありました。(しかもこのコーナーにいる女性が親切)ちょっとしたおしゃれな文房具、子供用のおもちゃや文具なども揃います。


Librairie Charlemagne 
50, boulevard de Strasbourg, 83000 Toulon
T: 04 94 62 22 88 

今度この本屋さんに寄ることあったら、じっくり他も見てみたいと思います。

励みになります、応援クリックよろしくお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...