2015-03-27

夫婦の会話言語を変えれるか? -140

スペインから隣国フランスへ引越し、子供の言語環境からカタルーニャ語が減って、正直嬉しいうららです。でもまだ5言語(日・独・仏・西・英)あり、もう少し減らしたい今日この頃。

私たち夫婦の会話はスペイン語(夫はドイツ語、私は日本語が母国語)。でも互いにとっての母国語ではないし、子供達の言語集中のためフランス語に夫婦の会話を変えてみないか、と提案しています。

私が知っている第2外国語で話しているカップルで会話言語を途中から変えたという人たちのことを考ると、どちらかの母国語に変えた話しか覚えていません。しかも一度夫の母国語ドイツ語に変えようという試みを半年ほどして、うまくいかず、私が放棄して終わってしまったこともあります。まだ子供はいなかったし、当時はバルセロナに住んでいたのでさしせまった必要性がなかったものの、一方の母国語にさえ変えられなかったので、難しそうな気配濃厚です。

その話を知っている義母(フランス人)と最近こんな会話をしました。

義母 : 最近一緒にすごしているのにフランス語で話さなくて、いつも悪いと思っているのよ。でももう40年も家庭ではドイツ語でやってきたので、もう家庭内ではフランス語がでてこなくて。ごめんね。

うらら : この家はドイツ語なのだから、それを今更私のために変える必要はないよ。母国語がでてこない環境、というのは想像できるし。私は子供達が近い将来、私たちのスペイン語会話がわからないことで不安を与えるのが嫌なのよ。それから家族揃った時の会話は1言語に集中したい。いろいろ難しいのはわかっているけど、私たち4人で話すことを考えると、夫婦もフランス語にするのがいいような気がして。家では日・独・仏が子供の言語環境、が理想。私のフランス語は初心者でまだまだ会話は苦しいものがあるけど、始めない限り変わらないし、少しずつでも変えたい。

義母 : 何語であっても感情を表現する手段として使ってきた言語が夫婦の基礎、あなたたちの歴史を作ってきた言語なのよ。言葉にはエネルギーがあるから、感情を伴って使ってきた言語をそう簡単にはやめられないと思う。ドイツ語か日本語にするならわかるけど。でも今の状況からドイツ語にするとあなたが大変よね。

うらら: うん、、でもそうかといって、スペイン語を続ける利点って子供のためには特にない気がするのよねぇ。

家庭の言語について悩んできた義母のコメントや自分の知ってる他のカップルのケースを思うと、別に変える必要もない気もしてきます。しかも肝心の夫、今回も(!)私の提案サクっと忘れて1分後には普通にスペイン語で話しているし、私自身も込み入った話が続けられなくて結局スペイン語、短気の私はその循環にイライラ。。

前回の失敗に懲りて少しずつ、気長にやっていこうと思っていますが、書いているうちに自分でも子供にとって(さらに夫婦にとって)この試みがベストなのかよくわからなくなってきています。夫婦二人の生活だったらあえて変える必要もないと思うのですが。

夫とは知り合ってから8年ずっとスペイン語、今から日常会話言語を変えられるものなのか。またしばらく経って私自身の意見も含め、どう変わっているものなのか、改めて記事を書きたいと思います。


本文とは関係ないのですが、夕暮れ時の太陽のドラマの時間の写真です。田舎暮らしの気に入っている時間の一つ。贅沢♪

2 件のコメント:

  1. お久しぶりです。
    ご夫婦の言語を変えるのは、とても大変そうですね。
    我が家もお互いの母国語でない英語で会話しています。
    主人と息子の会話もほぼ英語でしたが、息子がフランス語の学校へ通い始めてから1年過ぎた頃から息子が主人にフランス語で話すことが増えてきました。
    言葉の悩みはつきませんが、お互い頑張りましょうね!

    返信削除
    返信
    1. チョロさん、
      お久しぶりです〜。励ましありがとうございます、ホント悩みつきないですよね。趣味に言葉にまつわることを悩むこと、って加えようかな(笑)。息子さんの言葉の変化、興味深いです。うちもいつかフランス語で話してくることがあるのかしら、、まだまだ想像できません。チョロさんのところは家族で話すときは英語ですよね。そこが安定していて羨ましいです。うちも何か1つ、家族の核になる言語を持ちたいです。  

      削除

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...