2013-06-16

子供のいない日曜日 -118

ブラジルに住む義弟家族がフランスの夫の実家に帰省するということで、夫と息子も夫の実家へ行っています。私も行きたかったのですが、仕事をどうしても抜けられないので、一人お留守番。。当初は子供と私の二人でバルセロナに残る、という話をしていたのですが、子供が病気などになった場合に頼れる家族がいないし、そんな時にお世話をお願いできるような人も知らないし、ちょっと今仕事を休むことは非常に難しいし、、といくつか不安要素があったので、結局夫が子供を一緒に連れて行くことになりました。

母と子、1週間弱はなれることになっています。1日2回はスカイプで姿をみているとはいえ、母さんはもうさみしくてさみしくて。子供は元気に楽しくやっているとのことですが、私の顔を見るとやっぱり大泣きして大暴れ。画面をさわったり、パソコンの後ろにいないか探してみたり、一生懸命私にさわろうとしている姿、心がとても痛みます。忘れられていなくてよかった、とも思いますけど。

私の人生、子供のいなかった時間の方が圧倒的に長いにも関わらず、いないと寂しいし、味気ないし、子供がいない時の人生ってどんなかんじだったっけ?と不思議な気分になっています。今は独身時代のような時間の使い方をしたり、普段子供がいるとできないようなことをして楽しんでいますけど、これってまとまった自分の時間をもてるという意味ではとても有意義なのですが、やっぱり何か違いますね〜。

ママになる前はこんなに小さな子が自分の価値観をすっかり変えてしまうことになるなんて、思いもしませんでした。


絵はパパの飲むビールに興味をもった子供の様子。一緒に飲めるようになるまではまだまだ時間がかかるわねー。

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ



人気ブログランキング

2 件のコメント:

  1. Ulalaちゃん、毎晩のように枕を涙で濡らしたんじゃないの(笑)?明日帰ってくるんだっけ?あと一日の辛抱だよ!なんだか遠距離恋愛してる恋人を待つみたいでワクワクするね〜。

    返信削除
    返信
    1. viespaちゃん、いやー、長かったですわ。一日千秋の思いってこれだわね。ようやく帰ってきて、とってもわくわくだったのに、最初は私がだっこしても、父さんの方に行きたがったのよ(泣)前は逆だっただけに超ショック。。おっぱいあげたり遊んだりしてたら誰だか思い出してきたのか、元に戻ってきたけど、1週間でずいぶんお兄さんになったし、なんだか何か大切なものを見逃した気がする〜。もう、この手の別離は2度とやらん!と心に決めました。

      削除

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...