2012-08-10

スペインで出産 読んでみた育児本 (2) -95

前回の続き、読んでみた育児本の出産後編。妊娠/出産本は病院の書面や医者の言っていることがわかること、自分が質問できることがまずは大切と思って、スペイン語を読むようにしていた。しかし産まれてからは育児は夫と二人の仕事、情報共有のため英語で書いてある本を買うようにしている。(夫よ、そろそろ読みはじめてくれー)


自分で買ったのではないのだけど、最初の1ヶ月の具体的な話が一番充実している、と思ったのが4人の子持ちのお義姉さんがプレゼントしてくれた"Caring for Your Baby and Young Child, 5th Edition: Birth to Age 5" (American Academy of Pediatrics著)。おむつの換え方、風呂の入れ方、ミルクの用意の仕方、をはじめ基本のことが詳しいし、病気や発達状況についての情報が沢山あるのが新米ママには嬉しい。すでに子供がいる場合の対応なんかものっているので、新米ママじゃなくても参考になるポイントが多い気がする。

この他に、世間一般で言われる乳児の世話で一番つらいことは”寝れないこと”のようなかんじなので、寝かしつけの本を2冊ほど読んでみた。大きくわけると①赤ちゃんの個性に合わせて好きなようにさせる派、②赤ちゃんの生活(睡眠)リズムを管理派、③この2つの理論の中間派があるかんじ。②と③系を読んだが、その効果はやってみるまでわからないので、直面する寝付きについての悩みがでたときに実践かな。


②の流派、赤ちゃんの睡眠時間をルーティーンにしてしまうことで、赤ちゃんが泣かなくなる(=お母さんや家族の負担が減る)という"The New Contented Little Baby Book: The Secret to Calm and Confident Parenting"(ジーナフォード著)。スペイン人ママにも勧められたし、アマゾンJPやUKでも評価が高い本なので、国を超えて実践して納得しているお母さんが多いのだろうけど、月齢ごとにある生活スケジュールが分単位で超厳しく、きっちりできるのかどうかは謎。。邦訳"カリスマ・ナニーが教える赤ちゃんとおかあさんの快眠講座"

中間派③と思ったトレイシーホッグ著、"Secrets of the Baby Whisperer: How to Calm, Connect, and Communicate with Your Baby"。ジーナと同じで、赤ちゃんの睡眠習慣をコントロールすることを大切とする派。でもシアーズ博士の説く赤ちゃんの個性にあわせることの大切さも認めているので中間とおいてみたけど、ジーナより?邦訳が"赤ちゃんとママが安眠できる魔法の育児書 (カリスマ・シッターがあなたに贈る本)"

この二人がイギリスの人たちだからなのか、自分の交遊範囲によるものなかはわからないけど、スペイン人の先輩ママは日本で超有名なアメリカのシアーズ博士夫妻の本を知らない人がけっこういるかんじ。上記2冊はスペイン語もあるし、スペインのアマゾンでも買えるけど、シアーズ博士夫妻の理論はネットで読めるとはいえ、スペインのアマゾンでは英語の本しかでてこないし。


スペイン語の本なのだけど、バルセロナに住むお医者さんが書いた"Un regalo para toda la vida : guía de la lactancia materna"(カルロスゴンザレス著)もいいよ、と聞いた。赤ちゃんにあわせる感じの育児本らしいので、シアーズ博士よりなのでは、と思っています。①系の本を読んでないので、機会あるときにこれも読んでみたいもの。


最後に、言葉関連の本。私の育児についての心配の1つに、産まれた時からいろんな言語環境に置かれる子になるので、言語の発展がどうなるのかまるで想像つかない、というのがある。母さんとしては自分の子とは日本語で話したい。なので海外育児/マルチリンガル教育系のブログやサイトをよくチェックするようになったのだけど、日本語教育を頑張っている先輩ママたちの知恵と体験は本当に参考になる。そんなママたちの中で評価の高い(?)本、"0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児"(サリーウォード著)を読んでみた。イギリス人言語治療士が書いている本だし、夫との情報共有を考えて原書の"BabyTalk" を買おうかと思ったが、どうしても日本語の例がほしかったので、これは邦訳本を送ってもらった。本当によさそうなかんじなので、実践しようと思っている。夫はハーフで実際にいろんな言語環境下で育った人なだけに、子供の気持ちが私よりよっぽどよくわかるだろうし、知識もあるだろうけど、彼にもぜひ読んでほしいし、感想をききたいと思った1冊。


ぜひ育児関連オススメ本ありましたらぜひコメントよろしくお願い致します!
励みになります、ポチっと応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ


1 件のコメント:

  1. 水口 エノク2012年8月20日 16:00

    突然のメールで申し訳ありません

    私は、京都市左京区に住んでおります、
    水口 エノクと申します。

    今日、メールをさせて頂いたのは、他でもありません。


    実は、私は日本向けのブランド物のサイトの
    バイマ”BUYMA”に多数出品しているのですが、
    http://www.buyma.com/buyer/996519.html

    仕入先がアメリカ、ドイツ、イギリスなど
    にあるのですがスペインだけが無かったのです。

    そこで、ブログ村に登録されている、海外在住の方に
    依頼しようと思いメッセージを送らせて頂きました。


    仕入れといっても、特に難しい事はありません。
    こちらが提示する
    各ブランドの公式サイトのURLから
    公式オンラインショップから商品を購入して頂き、
    それを、運送会社のDHLかFEDEXで日本へ発送して頂きたいのです。


    まず、取り扱う商品ですが、今のところPRADAとMiu Miuを考えています。
    PRADAはいわずと知れた、ハイパーブランドですが、
    MIU MIUは少し価格が低く若い女性に人気のブランドです。

    この2つは姉妹会社なのですが、各国に応じたサイトを展開していて、
    それぞれに価格や商品が微妙に差があります。

    当然、一番割高なのは日本です^^

    それらのサイト群を調べていると、
    スペインがいちばん価格が低い事が判りました。

    仕入れは基本的にオンラインショップからになりますので、
    決済は必ずクレジットカードです。


    プラダのサイト
    http://store.prada.com/en/ES/woman/wallets/continental/1M1132_ZTM_F0770
    Miu Miuのサイト
    http://www.miumiu.com/en/ES/e-store/dep/accessories/cat/wallets/product/5M1120_NKG_F0410#ref=1345468678224



    私はVISAとJCBのカードを持っていますが、
    日本で作ったカードは、こういったサイトでは使えない事が多いのです。
    もしカードが使えても配送は近隣のEU国のみに限られます。


    ですので、私の望む方は、

    ①スペイン国内に住所があり、
    ②なおかつスペインのクレジットカードを持っている方そして、
    ③日本に銀行口座をお持ちの方

    に限られてくるのです。



    商品代金及びかかる手数料については、
    報酬も含めて1回で支払います。


    私からの支払い方法は、現在、
    銀行振り込み、
    ペイパルという決済会社による支払い
    を検討しています。

    かかる費用は先に振り込みますので、問題ないと思いますし、
    日本への発送は着払いで結構なので送料は掛かりません


    もし受けて下さるのなら、
    報酬は、商品代金の7%をお支払いいたします。

    大体300ユーロから1000ユーロの商品が多いのですが、
    1000ユーロなら70ユーロの報酬という事になります。


    ひと月に5~10件程度なのでそんなに大変というわけでもなく、
    全て、自宅内で出来る作業なので

    悪い話ではないと思います。

    あとは、私の素性がどうなのか?という点ですが、
    開示できる情報は全てお見せしますし、

    何より代金は先払いしますので、損はさせません!

    いかがでしょうか?
    興味を持っていただけたなら、
    kokkorin44@yahoo.co.jpへ

    「商品購入代理の件」でメールをいただけるとありがたいです。


    不躾なメッセージで申し訳ありませんでした。
    どうかご検討の方、よろしくお願いします。

    返信削除

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...