2011-12-15

新しいギリシャの税:払うか電気カットか -87

ご近所のギリシャについて、驚きのニュースがありました。ニュースの表題が”新しいギリシャの税:払うか電気カットか”。もと記事はこちら、El Nuevo impuesto de Grecia: o pagas o te cortan la luz。全てではないのですが、訳すとこんなかんじ:
ルーカス パパデモス首相は2012年の予算のための法律を批准、新しい税制で国の膨らむ借金を食い止めるよう方向付けた。その中でも特に目を引く1つが不動産に対するものであり、無差別に720万の住居、商業施設に何らかの影響を与える。

内容とは、築年数と建設物のあるエリアにより、持ち主は1平方メートルあたり3-20ユーロ払わなければいけないというもの。財政の不正がよくある国ではあるが、もうこの新しい税から逃げることができなくなると考えられている:政府は電気の請求書の支払いとこの税をひも付け、税金を払わない者に対しては容赦なしで電気をカットするからである。

この政策にてパパデモス首相は20億 (2000 millones)ユーロほどの徴収をねらっている。さらに、家庭の予算に打撃をさらに与えそうだとされるの税金、2014年終わりまで継続する方向でいる。この新しい税は所有の不動産の価値ではなく、エリア別に適用されることとなっており、このことに反対するギリシャ人の怒りに火をつけた。例えば閑静な地方都市の中心の家の持ち主は、高級住宅街にあるようなマンションの持ち主より面積が広いので、さらに税金多く払わなければならないからである。
払わない人には電気供給カットと脅しているようだが、そうなると真っ先に電気なしになるのは政府の役人たちである。公共電気会社のDEIの労働者たちは4時間アテネの衛生省への電気供給をストップすることで、この新しい税金導入に対する抗議をした。
この労働者たちのスポークスマン、Kostas Katsarosは、”国が1.41億ユーロ、衛生省が380万ユーロの負債をDEIにしている間は、この税制は承服できない”とし、”資産の少ない者、低所得者、失業者、もしくはささいな年金で生活している者に対しては、政府の役人が自分たちの請求書に対してしているように、電気カットをしないことを受け入れるべきだ”と述べている。

何気にギリシャのことは他人事に見えないのではないでしょうか、スペイン政府。お金はないのはここの国も同じ、おそらくギリシャほどはひどくないと思うけど、スペインも税金逃れの話はよく聞くので(電気代払ってない、水道代払ってない、でも電気も水もきている、とか普通にいるので)、良い手だ!と思って始めたりしないといいのだけど。

ストと言えば、来週21-23日はスペインの輸送トラック業界はストライキと聞いています。会社が雇用者を解雇するときに、今よりさらに解雇しやすくする法律(お金を沢山払わなくても辞めさせられる)に反対のストだとか。空港のストも近々ある、と聞いているし、大きいお休みの前後はよくストがあるので、移動にかさならないかどきどきです。

長い記事、お読みいただいてありがとうございました。気に入っていただけたら↓をポチッとクリックよろしくお願い致します♪

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
にほんブログ村






2011-12-11

創作料理レストラン Nectari -86

今年の反省と来年の目標を公言するため、毎年ほぼ同じメンバーで忘年会を開いている。基本行ったことなくて、雰囲気の良さげなレストランを毎回選んでいるのだが、いいかんじであたりが続いている。今年はNECTARIという創作料理系のレストランに行ってみた。


みんなでオーダーしたのは、55ユーロのシェフのお任せメニュー。
お料理のフォトログです。

まずはパンとオリーブオイルがサーブされる。パンは2,3口で食べれるサイズの焼きたてパン。お料理の進み具合にあわせてパンを焼いてくれているので、いつも焼きたてが食べれる、という気の使い方。すばらしい。

写真、左がオリーブ入り、右が玉ねぎ入り。



右の写真、左がオリーブ入り、右がスパイス入り。写真にはないけど、普通のパンもあり、計4種類から好きなだけ選べる。どれももちっとカリっとして美味しい。


前菜1品目。フォアグラのムースにポルト酒のソース。フォアグラの味とポルト酒の甘さがとてもよくマッチしている。1品目から激ウマやん。。


前菜2品目、ケパブにコリアンダーのソースかけ。ケパブといってもお味はさっぱり、つくねみたい。コリアンダーのソースもうっすらとコリアンダーの味がわかる程度の優しいソース。


シェフのお任せコース、実は2種類あって、マリアージュを考えてワインがサーブされてくるコースと、自分たちで選べるコースがある。とりあえずアルコールの量が肝心な私たちは、後者。お店の方と相談して、まずは1本目。スペイン、リオハ地方のワイン、Bai Gorri。


前菜3品目がフォアグラのスライスに白ワインで煮詰めたソースをかけたもの。一見パサっとした食感にみえるけど、ふつうにしっとりしているフォアグラでした。これもちょっと甘いソースと絡めているので、食べやすい。パンにぬってサクサクいけちゃう。


前菜の最後が、エビ入りコーンスープのパンジー添え。パンジーのスペイン語は "Flor de pensamiento"であることをはじめて知った。訳すと”思考の花”?哲学的な香りのする花だったのね。。まずはエビとパンジーだけのお皿が置かれ、


スープをサーブしてくれる。エビのお皿も温められて用意されており、お店の気配りがここにも感じられる。 エビを細かく切ってスープと一緒に食べると、エビの塩味がうまくからまってさらにグー。


調子出てきました、2本目のワインオーダー。またまたリオハの赤ワイン。GAVANZA。


メイン1品目、魚料理です。マグロのたたきに茄子の薫製ムース。たたきは醤油の味付けがうっすらとされており、これに薫製茄子のソースをかけちゃうとまた別の味にあるのが面白い。


メイン2品目の魚介料理、ホタテ貝とほうれん草とアーモンド添え。ホタテの貝柱が大きい。フランス産のホタテだそう。


ほうれん草はホタテをわったらでてきました。このホタテのスープがおいしくて、身を全部食べ終わった後には貝をずずっとすってしまいました。あー、おいちー。


ここで箸休めのパイナップルのシャーベット。ミントと一緒に食べて口がすっきり。


メイン最後の肉料理、 豚肉の肩の部分のお肉(Aguja)だと思う。ジューシーでやんす。ソース名を聞き逃しているけど、バルサミコを使ったソースだったと思う。


 お肉が柔らかい。アーティチョークの付け合わせととてもあっていて大満足。


 もうワインがうまい具合にまわっており、何本か頼んでいるのですが、数えられなくなっていて、写真を失っています。ありがちだけど、ちょっと残念。。

デザート1品目チーズのもりあわせ。チーズが苦手な友達がいたのですが、その人でも食べれていました。右がスペイン産のチーズ、メンブリージョとあわせて。真ん中と左がフランスのチーズで、真ん中のには何かのクランブルの付け合わせ、左のには葡萄のゼリーをあわせて食べます。いつも思うけど、このコンビネーション、どうやって考えるんですかねー。クルミ入りのカリッとしたパンにあわせていただきました。


 最後がタルトタタンとバニラアイス、ミント添え。あたたかいリンゴのタルトにアイスクリームの冷たさがあいまって、そこにミントのすっきり感がはいって、ともう抜群のコンビネーション。


コーヒーが飲めないので、私はお茶を頼んだのですが、出てきたのがふつうに玄米茶。私にはラッキーでした、おちつくー


 さらにお茶うけに、お店の名前のNectari (ハチドリ)の形のクッキーとチョコレート。チョコレートが巣、間にある小さなパンケーキが卵に見えてくる。


お店の壁の一部とクッキーが同じ形。かわいい!


 最後はお約束のチュピート。食後の消化を助けるというアルコール度数の高いリキュール。私はハーブの甘めのリキュールを頼んでみました。消化にいいから飲むんだよ、っていうけれど、酔っぱらいに拍車をかけていると感じているのは私だけではないはず。。


シェフのJordi Esteveさんが大阪のレストランでスペイン料理を披露したり、その大阪のレストランのシェフの一人がNECTARIに働きにきたり、と日本のレストランと交流があったそう。そのせいもきっとあって、カタランー地中海料理の端々に日本料理をかいま見る創作料理で大満足。全てのお料理において、素材を活かす優しいソースがあわせられており、これだけ食べて、満腹だけど胃が重くならないのがいい。量が適正だし、とても緻密にメニューが考えられていると思った。

ホールスタッフの方のサービスもよかったし、またリピートしたいお店。そのときはぜひシェフのお任せにワインのマリアージュのコース(80ユーロくらい)試してみたいな。

NECTARI - C/ València 28  08015 Barcelona
TEL: 93 226 87 18
営業時間 13.30- 15.30h, 20.30h - 23.30h
定休日 日曜


ここまで読んでいただきどうもありがとうございました。ブログランキングに参加しています。ポチっと応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
にほんブログ村






2011-12-09

テイクアウト寿司 -85

日本食ブームが高まる一方のバルセロナ。今日は大型ショッピングモール、Gran via 2にあるスーパー、カルフールの食品売り場中で、寿司専門の中食コーナー発見。日本人資本じゃないところで、寿司のテイクアウトを大きくやっているのをはじめて見ました。


その場で作ったものをパッケージングして販売しており、日本のスーパーのお惣菜コーナーを彷彿させる。空港やスーパーでたまにサラダなんかと一緒に寿司のお持ち帰りできるパッケージをみるのだけど、手に取ってみたいとは思わないレベル。しかし、ここでみたのは、普通に新鮮でした。


にぎりはこちらの寿司の人気ネタ、まぐろと鮭、うなぎ中心。あとはカリフォルニアロールなどを含む巻き寿司。ちょっと割高だな、と思ったけど(細長いパッケージの物は、1つが11-12ユーロくらいで8巻入り)、サーモンとアボカドの巻き寿司を買ってみました。

具はこんなかんじ。ご飯の量がすくなくて、中にかにかまとキュウリとアボガドが入ってる。お米がいまいちだったけど、お持ち帰りできるスーパーで売っている寿司、としては優秀だと思います。


私は今の時点のレベルなら、レストランでテイクアウトを頼むとは思うけど(値段と特に味の面で)、お惣菜のように買える手軽さがとても魅力的。もうちょっとご飯がおいしかったら、買うのもアリ、という評価です。しかし、この売り場、けっこう人がたかっており、買っていく地元人を多く見かけました。気軽に試せるのがいいのかも。バルセロナの日本食ブーム、外食産業は顕著だけど、中食にもじわじわと普及が見えてうれしい。

お寿司コーナーの横にはカップラーメン、のり、米、ビール、お酒などの一通りの日本食材があるのだが、日本ではみかけないヨーロッパ生産のものを置いている。例えば、インスタント麺は味の素の”親方ラーメン”シリーズ。お米は”はるか”というイタリア産の日本品種米を販売している。スペイン産の日本品種米だと”みのり”が有名だけど、イタリア産のが入っているんだー、と少し不思議な気分。


お店の人は、全員中国人だった。途中、親分(マーネージャー?)らしき人が見せ回りにきて、あれやっておけよー、とか、これきれいにしておけよー、的な指示をしていました。カルフールの人、ってかんじには見えなかったですが。。

看板を見るとSushi Dailyという会社によって運営されているとのこと。(見ずらい写真ですみません)


もしかしたら他のヨーロッパの国のカルフールでもやっているのかな、と思って探してみたら、ブリュッセルの人のブログで、カルフールのSushi Dailyの話をしているものを発見。満足のいっている様子のわかるコメントと写真があった。記事はこちら

中食レベルでも広がってる様子が分かる日本食。生魚は食べたくない、という人に会うことがある一方、こういう普及の様子をみると、日本食への理解が確実にあがっているのがわかる。日本食、がんばれ!

ここまで読んでいただきどうもありがとうございました。ブログランキングに参加しています。応援クリックぜひよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2011-12-04

スペイン産の美味しい酢 -84

この間ランチにおじゃましてきたレストランの料理人Mさんは、以前バルセロナで働いていた時と比べて20kg減の超ダイエット成功者。理由を聞くと、田舎暮らしでやることがないので、12時には寝て7時に起きて、山や野原を毎日走っていること、野菜を沢山食べていること、暴飲暴食が減ったこと、を挙げていた。田舎の生野菜はとても美味しい上に、良い酢があるので、オリーブオイルと酢のドレッシングでサラダばかりお腹いっぱい食べているとのこと。無理なく好きなものを食べ、しっかり体を動かして、すっきりやせる、というダイエットの王道を行くすばらしい生活。しかも健康的にやせているので、体はすっきり、顔はつやつやだった。

酢が美味しい、と言っていたので、バルサミコ酢の美味しいやつなのかな、と思っていたのだけど、はまっているのはスペイン産の酢だという。エルコルテのグルメコーナーで売っているよ、とのことだったので、早速買ってみました。

FORVM-V.Agridulce de carbenet sauvignon


拡大ラベルはこんなかんじ


タラゴナ地方のEl Baix PenedèsのAVGVSTVS-FORVMというワリナリーが作っているお酢だそう。ワイン酢と葡萄のモスト(果汁)が原材料って書いてある。

私はどちらかというとスペインに来てから生野菜をよく食べるようになり、サラダ好きになった。それは美味しいスペイン産オリーブオイルと野菜の美味しさのおかげ、と思っているのだけど、これからは、このお酢も加わることになって、サラダ好きに拍車がかかりそう。

スペイン産の美味しい酢を探そうなんて思ったことなかったので、ご紹介もらって大感謝!

今夜の夕食のサラダ、ドレッシングはオリーブオイル、このお酢、塩、胡椒の一番クラッシックなドレッシングにきまり。バルサミコよりちょっとだけさらりとしたかんじで、ワインやぶどう汁っぽいといえばそんなかんじもする。バルサミコよりさらに甘みがあるかんじになって、サラダが美味しい。一人絶賛、夫にも私の作ったドレッシングでサラダ食べてみて、美味しいよー、この酢でMさんは20kg減だ、と進めるのだが、うちの夫は、それもわかるんだけどね、僕は今はドレッシングはこれに決まりさ、といって冷蔵庫から↓をだしてくる。


はまったら一筋、浮気をしないいい人だ。このドレッシングは美味しいし、私も大好きだけど。我が家にはストックが10本あるんだからさー。たまには他のドレッシングも食べてくれー


ここまで読んでいただきどうもありがとうございました。↓応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2011-12-01

預金と債権 83

GAESCOという証券会社の無料セミナーの案内が届いた。お題は”預金と債券”。案内のメールには、固定金利と変動金利の比較、債券の主な特性、債券と貯金の比較、を中心に、銀行預金の代替えとして債券購入をどう進めるか、という説明まであります、とある。

最近まさに債券を買ってみたので、今、どうこうしたいとも思ってないのだけど、どういう話をするのかなー、と興味があったので行ってきました。

来ていた人たちの年齢層は高く、30-40代よりも、50-60代が圧倒的に多かった(と思う)。もう年金を受け取っているか、受け取るまで間近、とかそんな人たち。お金の蓄えが適度にあり、これからの老後の資金をどう使っていくか、とかそんな興味から来ている人が多いかんじ。みんな熱心に質問をしている。

セミナーの講師の見た目の雰囲気がちょっと漫画家の小林よしのりさん(ゴーマニズム宣言の著者)を思わせる人で、さらに僕の発言はラディカルですから、というだけあって、一人ツッコミ一人ボケの語り口調が激しく、とても面白いプレゼンテーションとなった。

へぇ~、と思ったことは。

1.預金をもつことは銀行に金を貸すことと同じである。個人の預金保護は10万ユーロまでとサパテロ氏(前の首相)は言ったが、そんな保証はない。リーマンショック以来ヨーロッパ内には救済しなければいいけない銀行が何社もあり、金融商品に、”保証する”という言葉を使うことが禁止となっている。(カスティージャラマンチャ銀行とSur銀行の救済に、国庫の50%を使い、次にどこかの銀行が危機に陥ったらこの国に助ける金が残っているとは思えない。)

2. 預金は口座には残っておらず(あるように表示されているが)、銀行の投資として、実際は”貸し付け”(住宅ローン、クレジットカード、その他貸付金)に使われている。もし銀行が融資や投資に問題を起こしたら(サブプライムのときみたいに)、一般預金者がお金を失うだけなのは明らかである。

3.銀行の儲け。ざくっと言うと、預金してくれる人に利息を3%払って、借金を申し込んでくる人に6%で貸し付けし、そのマージンを主な益としている。(スペインの場合の利率)

4.債券と預金の大きな違いは、債権は毎日価格が評価され、市場価値で日々かわっていること。なので、債権を買ってずっと保有していれば確定利回り(固定金利)だけど、その期間中に価格も利回りも変動しているので、償還日を待たず売ることもできる。事前に解約した場合のコミッションは預金からマイナスされる。


5.債権の利子は預金の利子と同じように保証されているのか?
元本と利子は発行者によって保証されており(償還日まで持っていれば)、発行者がその債権で破綻しない限り戻ってくる。(債権を買った銀行も破綻しないこと、も条件)

6.(10万ユーロ以上持っている人は特に)預金は自分の持ち金の30%までとし、70%は分散して投資するべき。投資先はリスク軽減のために、投資先の分野を変えてさまざまに持つこと。(通貨を変える、公債と社債、をわける、産業はエネルギー分野、車産業、などにわける、etc)また、銀行は1つより2つ、2つより3つにしたほうがリスク軽減になる。

7. 沢山ページがあって、小さい字で書いてあっても、そこが肝心。がんばって契約書の内容は読むこと。

8. 債券買うなら長くても5年くらいまで。(1-3年が基本はオススメ)

一通り説明の後に、お客さんと銀行とブローカーになりすまし、債券購入にあたりどんな話がくりひろげられているかの一人3役の芝居をしてくれるのだが、銀行ってヤクザな商売~!と納得せずにはいられない熱演。日本の証券会社でももちろんこういった勉強系のセミナーがあって、今の時代オンラインで見れたりするけれど、こんなに熱い債権購入の一人劇を見たことがなかったので楽しく勉強できてよかった。

今日の収穫は、預金に対するイメージが変わり、債権に投資したほうがよさそうと思うようになったこと。(←すっかりセミナー主催者の意図通りに動いているカモ)

それから、債権は銀行の預金代わり、固定金利で元本と利子が帰ってくればいいか、ともっていたのだけど、そうしなくてもいいことが判明したこと。でもどーするか、といわれると、やはり何もしないで償還日を待つだけになりそうだけど。。

まだいまいちよくわからないこともあるのだけど、国や企業がもりあがるような、いい投資につながるといいなぁ。


ここまで読んでいただきどうもありがとうございました。↓応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...