2011-10-27

メルケルファン 73

最近銀行をチェックしたり、ニュースのトップがユーロ経済の動向についての話が多いせいもあり、ヨーロッパの政治や経済のニュースがとても気になる。暗いニュースが続くけど、EUという共同体の構想の発想は素晴らしいと思っているし、かつての社会主義国家のような実験的な体制かもしれないけど、各国のリーダーたちに頑張ってもらいたい。

マスコミの報道をみていて、リーダーとしてかっこいいのはやはりドイツの首相、メルケル女史。ドイツだけでなく、EUを導くことを意識したリーダーとしてぶれない姿勢が本当にすばらしい。ここ数年すっかり彼女のファン。リスクを取る発言を力強くする姿勢、この人にだったらついて行きたいと思わせる風格、これこそ本当のリーダー。


”『さあ、多文化社会を推進し、共存、共栄しよう』と唱えるやり方は完全に失敗した” とか、イスラム系の移民を多く抱える国の首相としては爆弾発言な訳だけど、あいまいにせず言ったそうだし、バッシングを覚悟で思ったことをはっきり表明する首相、日本にも誕生しないかなぁ、と思う。

ちなみに↓が今のスペインの首相、サパテロ氏。ちょっと(かなり?)Mr.ビーン似で笑った笑顔は愛嬌満点(と思う)。物腰もやわらかいし、奥様も素敵だし、カトリック国なのに同性婚の合法化を決定したり、女性政策や家族政策などでもリベラルな姿勢をとり、理想も高くて私は好きだし、いいと思う。(そこをいつもも野党に叩かれてるし、さすがにこの経済状況の悪化で5月の選挙では大敗したけど)しかし国のリーダーとしては、私はサパテロ首相より、オバマ大統領より、メルケル女史のファンかな。


今日のEUの決断の驚きは、ギリシャの債務が半分チャラにしたこと。そこまでして助けないと行けない理由がよくわからないけど、EUという体制維持が今後どうなっていくのか期待です。


ブログランキングに参加してみました。応援クリックよろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...