2011-08-19

Ulala3の思うところ 42

会社ランチあり。同世代の日本人、長くバルセロナに住んでここに根付いている方達なので、仕事ランチというかんじでもなく、普通におしゃべりできて楽しい。一人はバルセロナの郊外、私が住みやすそうだと勝手に好印象を持っている町の一つ、Castlledefelsに住んでいるそうで、興味津々。その人は一度もバルセロナ市内に住んでいたことがないそうなので、住み易さは比べられないみたいだけど、なんだか住みやすそうに聞こえてしまう。郊外に憧れる私としては、またゆっくりお話を聞きたいと思う。自分は生涯都会で生活していたい、と思っていたけど、考えは変わるもので、田舎暮らしに非常に魅力を感じるようになってきている。今年、引っ越しをしたばかりだから当面はないだろうけど、次回スペインで引っ越しをするとしたら、バルセロナ郊外にしない?、といってみたら、だんなも全く同意見だったのでなんとなくうれしい。 

夕方はお茶会。北京出身の女子と盛り上がる。彼女はバルセロナ商工会議所の主催するマスターコースSE-ABRE のテスト会場であった。結局彼女と一緒に勉強をする機会はなかったのだけど、以来なんとなく不定期にあってはお茶したり食事したりのつきあいで、もう5年くらい、よい友達になっている。いつも中国の社会事情の興味深い話、中国人はそう考えていたのか!と気づかされる意見を聞いて楽しむのだけど、今回はそれにもまして、彼女の仕事にたいする考え方が面白かった。最近2年くらい働いていた会社をスパッとやめて、年内はゆっくりした生活をすることにするという。夜中に中国に電話をかけたりすることもあるのに、定時に会社に行くことを強要されるのがいやだ、自分で自分に異常なプレッシャーをかけすぎるので、眠れなくなり精神的に不安定になることが多くて疲れた、給料がみあっていない、というのが辞めた理由。仕事がみつかるかどうかわからない、という不安はないみたいで、自分のやりたい仕事スタイルで仕事をさせてもらえなかったらすぐやめる、という潔さ。この力強さや余裕、私には全く足りない部分なのでエネルギーをもらったかんじ。ありがとう、Yちゃん。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...